FC2ブログ

エネ革税制 平成21年度改正

 2009-07-28
意外と知られていないようですが、エネ革税制と呼ばれるものがあります。

正式名称を『エネルギー需給構造改革推進投資促進税制』という難しいそうな名前の税制。

簡単に内容を説明すると、、省エネ対策や新エネ導入等を促進するために、対象としている設備を取り入れた場合は、税額控除や特別償却が可能ですよというものです。

もっと簡単に言うと、(数年前に目にした事例ですが)プリウスを購入すると、税額控除が受けられます!!

その法律が、今年進化しました!

進化内容としては、

現行のエネ革税制の適用期限を2年間延長するとともに(平成24年3月31日まで) 、平成21年4月1日から2年間は初年度即時償却(取得価額の全額(100%))ができることとする。


即時償却とは穏やかではないですよね?

即時償却と聞いて、おっ!これは節税に使えるかなと思って思わず調べてしまいました。

もしイメージする即時償却であれば、決算月に利益が出ている場合に、その利益分のものを購入すれば節税ということになりますよね。


しかし・・・結論からいうと、無理のようです。

ここでいう即時償却とは、1年間で償却できるというものだとのこと。

つまり、12ヵ月かけて減価償却が可能ですという内容でした。

これでは、あまりうれしくないですね。残念…


でも、まだプリウスで税額控除は受けらるのでしょうか?

プリウスはとても売れているようなので、購入する予定の方はチェックしてみては?
コメント
プリウスは平成20年4月1日以降購入分については、税額控除できなくなりましたよ。
【2009/09/08 15:56】 | わかたん #- | [edit]
ありがとうございます。
税額控除できなくなってしまったのですね。
残念・・・

そうすると、エネ革税制は、普通の会社ではもう使えることは少なくなるのでしょうか??
【2009/09/16 23:23】 | 筆者 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://prokeiei.blog8.fc2.com/tb.php/253-9990d0f6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫