FC2ブログ

いよいよ開業 西大宮駅

 2009-03-14
今日、3月14日に西大宮駅が開業しました!

あいにくの天気の中、西区役所前で開業イベントが!


P1010863_convert_20090315093623.jpg
イベント会場へ歩く道中、スタッフらしき人達を発見。


P1010864_convert_20090315093646.jpg
そして、LivField西大宮まちびらきフェスタ会場へ到着


P1010865_convert_20090315093707.jpg
しかし、到着時には、イベントはすでに終了・・・

実は、イベントは17時で終わりだと知っていたのですが、事情があり間に合いませんでした。

到着時、17時10分。

10分遅れただけでこれだけ後片付けが終わっているということは・・・まさか、あまり盛り上がらなかったのでしょうか??


P1010870_convert_20090315093801.jpg
以前、「西大宮駅レポートVol2」の記事内で紹介した、シンボルツリーらしき木もベールを脱いでいました。


P1010868_convert_20090315093854.jpg
シンボルツリーの正体は、ツガの木だと判明

このような文言が書いてあります。
『西大宮駅の開業にあわせて、地域の風景を継承し、近隣の屋敷林に多く見られる「ケヤキ」と、年間を通じて緑を感じることができる「ツガ」の樹を駅前空間のシンボルツリーとして選定いたしました。
この樹が次の世代まで駅前空間のランドマークとなり、西区らしさを伝えることができることをここに願います。』

現在は、西大宮駅が開業こそしましたが、駅以外は全然何もない状態です。

今でいう『西区らしさ』といえば、『田舎くささ』と言い換えられるかとも感じます。

将来に向けて、どんな『西区らしさ』が生まれるか。

楽しみは、これからも続きます。
スポンサーサイト



西大宮駅レポートVol2

 2009-03-01
本日から3月に入り、西大宮駅の開業ももう2週間後となりました。

見学しに行ってみたところ、駅本体での作業はしておらず、駅前広場の整備に人員が多く割かれていたような感じを受けました。

いよいよですね。

P1010730_convert_20090301232204.jpg
横から見た西大宮駅
改札等駅の主要機能は2階部分(西大宮駅自体は3階建てらしいので、3階部分かも。)に設置されているらしいことが見てとれます。


P1010737_convert_20090301232245.jpg
駅前にバス亭のようなものが。
バスの路線図も変わるのでしょうか。チェックが必要です。


P1010739_convert_20090301232354.jpg
駅前広場
今日の作業の中心はこの駅前広場に見えました。
前回来たとき(ぶらり西大宮の旅)は、全然何もなかった駅前に数日でこんな立派なものができてしまうのにはビックリ!


P1010738_convert_20090301232312.jpg
シンボルツリー
おそらく、この木が西大宮駅のシンボルツリーになるのでしょう。
待ち合わせ場所に使われるのかも。

何の木でしょうか?


P1010740_convert_20090301232419.jpg
公園の花々
駅前広場に植えられるであろう、花々が箱の中に入っていました。
花がたくさん咲く広場になれば、素敵だと思いますが。


もしよかったら、左のカテゴリに、『西大宮』がありますので、他の記事も見て行って下さいね。

Liv-Field 西大宮

 2009-02-10
本日2月10日夜より、西大宮駅新設に伴う、設備の切り替え工事が行われます。

いよいよ、後は、開業を待つのみとなりました。

さらに、来たる3月14日のまちびらきに向けて、シンボルマークが作成されたそうです。

辟。鬘契convert_20090210234003

シンボルマークのコンセプト
 都会の便利さと、自然の豊かさを満喫できるまちが、まちづくりのテーマです。
地区愛称には、Live(リブ)「生きる、住む」に最適な環境であり、Live「ライブ(活気ある、現在の)」な生き様と暮らし方を次々とかかなえていくまちという意味と、“恵まれた自然”と“住む人々”および“都会の便利さ”が三位一体となって成長し進化できる環境Field(フィールド)であるという意味を込めました。
 合わせて、多種多様な暮らし方が集まって交流する様を、カラフルな色と宅地形状にデザインして表現しました。
 四季の笑顔に出会えて、「豊かな人生をおくれるまち」、それが『リブ フィールド西大宮』です。


確かに“恵まれた自然”というのはあると思います。

幼いころは、この辺りで、カブト虫やクワガタを捕まえにいったり、黒曜石がたくさん落ちている場所があったので、収集しに行ったりしていました。

黒曜石って知っていますか?

黒く光っている石で、見た目は宝石のようにキレイな火山岩の一種です。

実は、産出される場所は少ないらしく、日本では約60ヵ所が知られているそうです。

もしかして、西大宮は61ヵ所目なんではないの!!??

・・・なんて早速新しい名物候補を見つけてしまいました。

それにしても、さいたま市辺りでも火山岩ってあるもんなんですね。

見渡す限りの平地で、火山の影響を受けるなんて信じられません。


逆にこれからの課題は“都会の便利さ”でしょうか。

これに関しては、現状では皆無です。

色なんて、土の色の茶色と、木々の緑の2色しかないといっても過言ではないくらい。

現在の閑散とした街から、活気のある街へ、いかに変遷していくのでしょうか?

楽しみは尽きませんね。


Liv-Fieldって、読みづらいですね・・・リブのブで下唇を噛んで、フィールドのフでまた下唇を噛まなくてはならないので。

だったら“リブ フィールド”ってカタカナで書いてもらえれば読みやすいんだけど・・・これだとカッコ悪っ!

どうでもいいことでしたね^^


もしよかったら、左のカテゴリに、『西大宮』がありますので、他の記事も見て行って下さいね。

ぶらり西大宮の旅

 2009-02-01
最近、このブログへ、「西大宮駅」で検索してきて下さる方が多くいらっしゃいます。

過去記事「ホワイトデーには西大宮駅のプレゼント!

駅も完成してきたこともあり、日に日に注目度も高まっているのではないでしょうか。

そこで、本日は、強風の中、駅を見に行ってきました。


P1010699_convert_20090201190342.jpg
駅の左上に、西大宮駅のロゴがあります。


P1010698_convert_20090201190308.jpg
駅の全体像

駅はほぼ完成形が見えていますが、駅前の整備は全く進んでいません。

とりあえずオープンさせて、その後、駅前にお店ができるのでしょうか。

てっきり、駅にはショッピングモールが併設されるものだと思っていましたが、勘違いのようでした。

見たところ、駅以外の機能を有しているようには見えません。


P1010701_convert_20090201190419.jpg
駅を背に向けた写真

左奥に見える茶色の建物が、埼玉栄中学・高等学校、右奥に見える建物が、西区役所です。

埼玉栄中学・高等学校への為に駅が作られたと揶揄されるくらい、同校へのアクセスはとてもよくなります。


P1010702_convert_20090201190451.jpg
大塚古墳

近くにある古墳です。

こういうものを守りながら、開発を進めることが重要となるのではないでしょうか。


皆さんは、どのような街になったらいいと思いますか?

ホワイトデーには西大宮駅のプレゼント!

 2009-01-16
今年の3月14日に、西大宮駅が開業します。

駅舎は3階建てで、建築費は41億6,000万円、1日の乗降客を3万3,400人を見込んでいるのだという。

ん?3万3,400人??

隣駅である、指扇駅の乗車人数(降車人数含まない。)15,072人/日や日進駅の乗車人数(降車人数含まない。)12,040人/日。また、立地等を勘案しても、多くて3万人弱ではないでしょうか?
(資料は2007年度)

少し大風呂敷を広げすぎている感はありますが、今まであまり注目されていなかった場所に駅ができるということは、地元の人間としてはワクワクしてしまうものです。

さてこの西大宮駅、日進駅と指扇駅の間に出来るのですが、日進駅は最近になって目まぐるしく開発が進んでいるような感を受けます。

特に、埼玉県の進める企業誘致大作戦により、カルソニックカンセイ本社・研究開発センターが日進駅近くに建築されてから、勢いが増したという印象です。


HTbookCoverImage.jpg
熱伝導知事 上田清司
(2007/06)
大下 英治

商品詳細を見る


本を読むまで知らなかったのですが、上田知事は面白い政策をいくつも行っているのですね。

その中の一つが、企業誘致大作戦。

企業誘致のために他県に営業に行くことはもちろん、企業がいままで苦痛に感じていた県の手続きや、許認可関係をスピードアップすることにより、企業にとってより良い環境を作り出せるよう努力しているそうです。

まさに行政もサービス業化してきていますね。

最近では、どこの役所も丁寧な対応をしてくれますし、いい傾向だと思います!!


問題は・・・指扇駅。

現在、3校の高校の最寄駅で、乗車人数は日進駅よりも多いにも関わらず、全然変化がありません。

駅前のオリジン弁当までも撤退してしまう始末。

なんとか、西大宮駅の流れに乗って、大きく飛躍して欲しいと願っています!


もしよかったら、左のカテゴリに『西大宮』がありますので、他の記事も読んで行ってください。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫